Jenner & Block

国際仲裁

ジェナー&ブロックの国際仲裁実務は、米国で最高レベルと評価されています。チェンバースUSA誌は、ジェナー&ブロックの国際仲裁プラクティスグループを、「大変素晴らしく」「クライアントから高く称賛されている」と記載しています。また、U.S.ニュース誌においても最高レベルと評価されるなど、ジェナー&ブロックの国際仲裁実務は、その質の高さから、長年に渡り高い評価を受けています。

ジェナー&ブロックの弁護士は、米国内及び米国外の様々な国際仲裁を取り扱っています。日本に関連する国際仲裁案件のほか、オーストリア、バーレーン、ブラジル、カナダ、中国、ジャマイカ、イスラエル、ヨルダン、ドイツ、ギリシャ、インド、マレーシア、ノルウェー、シンガポール、スイス、タイ、英国、その他の国に関連する国際仲裁案件に、豊富な経験を有しています。

ジェナー&ブロックでは、金融サービス、航空宇宙及び防衛、証券、政府契約、保険、再保険、知的財産、ライセンス紛争、買電契約、商品の販売及び流通等、様々な業種のクライアントを、仲裁案件で代理しています。また、国際商業会議所(ICC)、国際紛争解決センター(ICDR)、ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)、ストックホルム商工会議所(SCC)の仲裁案件にも豊富な経験を有しています。AAA、JAMS、CPR等の米国の主な機関における米国内仲裁だけではなく、UNCITRAL規則に基づく個別仲裁も取り扱っています。

ジェナー&ブロックの国際仲裁プラクティスグループは、国際仲裁に幅広い知識を有しており、世界中での適切な仲裁人の選択にあたってもクライアントにアドバイスを提供しています。また、ICC、ICDR、AAA、CPR、FINRA等の様々な機関で、仲裁人として活躍しています。さらに、当事務所は、ICCの全米委員会である米国国際ビジネス委員会(USCIB)の会員でもあります。当事務所の弁護士は、USCIB、LCIA、CPR、国際法曹学会、環太平洋法曹協会でも重要な役割を果たしており、これらの協会で頻繁に講演活動を行っています。

ジェナー&ブロックでは、仲裁での代理活動に加えて、契約上の紛争解決方法に関する条項や、仲裁条項の作成、その他の紛争解決条項の作成においても、クライアントにアドバイスを提供しています。

English

Please click here to view brochure in English.

ジェナー&ブロック レポート

  • 2016年11月
  • 2016年9月
  • 2016年8月