Jenner & Block

会社法

ジェナー&ブロックは、複数の最大規模取引案件を含む様々な業界の複雑な会社法国際取引案件において、世界中のクライアントを代理しています。豊富な経験を生かして、様々な分野に渡る会社法取引案件について、質の高いアドバイスを提供おり、クライアント企業は、フォーチュン500誌のトップランク企業、米国外の企業、中間市場や新興会社、プライベート・エクイティやヘッジファンド、非公開会社や家族経営会社等、多岐に及びます。

当事務所の会社法実務は、常に高質のリーガルサービスを提供する点と、優れたクライアントサービス及び結果の獲得に特に重点を置いている点で、良く知られています。これらの点を強みとして、会社法及び取引法上の重要な問題、クロスボーダー投資案件、公開会社及び非公開会社の合併及び買収案件、株式募集等株式に関する案件、プライベート・エクイティやヘッジファンドの設立及び投資案件、コーポレート・ファイナンスや取締役会についてのアドバイスの提供案件等を取り扱っています。

また、取締役会や取締役会委員会から、忠実義務案件、コーポレート・ガバナンス案件、取締役及び役員の免責案件において、代理を求められることもあります。

当事務所では、ジェネラル・モーターズ社、ジェネラル・ダイナミクス社、ハーツ・グローバル・ホールディングス社、武田薬品工業株式会社、ノーザン・トラスト・カンパニー社、グッゲンハイム・コーポレート・ファンディング社等を代理しています。

English

Please click here to view brochure in English.

ジェナー&ブロック レポート

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月