Jenner & Block

テリー・J・トゥルーアックス弁護士は、経験豊富な訴訟弁護士であり、様々な知的財産案件、反トラスト案件、商事紛争案件において、米国、アジア、ヨーロッパのクライアントを代理しています。当事務所の特許訴訟及び特許カウンセリング・プラクティスグループの共同代表弁護士であり、当事務所の上級管理委員会である規則委員会の委員も務めています。

トゥルーアックス弁護士は、当事務所の反トラスト/競争法プラクティスグループ及びクラスアクション・プラクティスグループのメンバーでもあり、様々な案件を主任又は副主任弁護士として取り扱い、陪審や非陪審で勝訴判決を得てきました。

トゥルーアックス弁護士は、知的財産、反トラスト、商事訴訟案件のあらゆる側面において、三菱電機株式会社、アメリカン・パワー・コンバージョン社、PELCO社、GEキャピタル社、西日本鉄道株式会社、株式会社半導体エネルギー研究所、シュナイダー・エレクトリック社等の主要企業を主任として代理しています。知的財産の分野では、半導体、パワー・エレクトロニクス、ソフトウェア、様々な機械アプリケーション等の後半に渡る分野の技術に関してクライアントを代理しています。

また、トゥルーアックス弁護士は、宿泊場所及び仕事を提供するプログラムや、青少年育成プログラム、生鮮食品プログラムを提供する、東ガーフィールド・パークに所在する非営利団体であるブレイクスルーという団体(www.breakthrough.org)の理事を務める等、シカゴ市のコミュニティーに積極的に関与しています。また、カブリーニ・グリーン法律扶助協会の理事及び顧問を長年に渡り務めています。現在は、シカゴ法曹協会の慈善部門であるシカゴ弁護士基金(www.chicagobarfoundation.org)の理事も務めています。

トゥルーアックス弁護士が2005年以降に主任又は副主任弁護士として取り扱った主要案件の一部は、以下のとおりです。

Heart Imaging Technologies v. Merge Healthcare

-医療画像をウェブサイト画面用に変換するシステムをクレームとする特許訴訟において、マージ・ヘルスケア社を代理した案件。

Object Video v. PELCO

-監視カメラ技術に関するITC第337条調査において、被申立人となったPELCO社を代理した案件。

Criminal Activity Surveillance v. PELCO

-テキサス州東部連邦地方裁判所における監視カメラ技術に関する特許侵害訴訟において、被告となったPELCO社を代理した案件。

Sipco/IPCO v. Schneider Electric

-テキサス州東部連邦地方裁判所及びジョージア州北部連邦地方裁判所における無線メッシュ技術に関する特許侵害訴訟において、被告となったシュナイダー・エレクトリック社を代理した案件。

In re Freight Forwarding

-貨物輸送業界における反トラスト違反に関連する刑事事件及び民事クラスアクション調査/訴訟において、西日本鉄道株式会社を代理した案件。

In re: DRAM
-DRAM市場での反トラスト違反の疑いに関する刑事及び民事調査/訴訟手続において、三菱電機株式会社を代理した案件。

In re: SRAM
-SPAM市場での反トラスト違反の疑いに関する刑事及び民事調査/訴訟手続において、三菱電機株式会社を代理した案件。

In re: LCD
-LCD市場での反トラスト違反の疑いに関する民事訴訟において、三菱電機株式会社を代理した案件。

STI v. APCC
-特許侵害訴訟において、被告のアメリカン・パワー・コンバージョン社を代理した案件。

Renesas v. Nanya
-株式会社ルネサステクノロジを代理して、台湾のDRM製造業者に対し、特許侵害訴訟を提起した案件。

LCD Litigation
-半導体エネルギー研究所を代理して、液晶ディスプレイ技術に関する様々な特許の侵害訴訟を提起した案件。

GE Capital v. Qwest Communications
-証券化金融に関する複雑な訴訟において、GEキャピタル社を代理した案件。

Liebert v. American Power Conversion Corporation
-企業秘密不正流用の主張に対して、アメリカン・パワー・コンバージョン社を代理した案件。

Illinois v. Marshall

-第一級殺人罪(本件に関するTerryとWBEZとの会談については、こちらをクリックして下さい)

Illinois v. Blake
-第一級殺人罪

Illinois v. Lanza
-加重傷害罪

Illinois v. Peoples
-加重暴行罪

People v.  Jones
-第一級殺人未遂罪、武装強盗罪

People v. Watt
-武装強盗罪

People v. Cooke
-武装強盗罪