Jenner & Block

スーザン・J・コールマン弁護士

パートナー

スーザン・J・コールマン弁護士は、コンテンツ・メディア・エンターテイメント・プラクティスグループに所属する経験豊富な訴訟弁護士であり、商標・広告・不正競争プラクティスグループの代表弁護士です。著作権、商標、営業秘密に関する紛争等、様々な複雑訴訟を案件を取り扱っています。また、様々なクラスアクションや商事訴訟で訴訟代理人を務めています。陪審及び非陪審訴訟や仲裁手続に加えて、ニューヨーク州控訴裁判所や様々な巡回区控訴裁判所での控訴についても豊富な経験を有しています。

コールマン弁護士は、知的財産(著作権、控訴審及び最高裁判所での実務)の分野での業績につき、リーガル500誌から高い評価を受けています。また、2006年から2012年まで、ニューヨーク州スーパーロイヤーズ誌の知的財産訴訟部門において高い評価を受けました。コールマン弁護士は、当事務所の規則委員会の委員を務めており、また、多様性に関する委員会の代表を務めています。

コールマン弁護士は、著作権の問題について度々講演や執筆を行っています。例えば、ロサンゼルス郡弁護士会主催の「知的財産の将来:アレックス・コジンズキ裁判官との夜」との講演におけるパネリスト、ニューヨーク州弁護士会でのデジタル時代における公正使用(フェアユース)の理論についての講演、ニューヨーク市著作権協会における連邦著作権法上の終了権制度についての講演を行いました。コールマン弁護士は、ニューヨーク州弁護士会指名委員会の委員、ニューヨーク州弁護士会多様性促進委員会代表、ニューヨーク州弁護士会執行委員会の委員を務めています。また、ニューヨーク公益弁護士会、ニューヨーク市リーガル・サービスの理事を務めています。