Jenner & Block

ロバート・R・ストーファー弁護士は、訴訟を専門とする弁護士であり、当事務所の医療訴訟プラクティスグループの代表弁護士です。様々なホワイトカラー犯罪案件、民事商事訴訟、詐欺や違法行為等の医療関連問題において、個人と企業の双方を代理しています。FCPA違反、医療保険詐欺及び濫用、会計違反案件等の分野における不正行為について、内部又は外部から申立てを受けた企業の内部調査の実施や、コンプライアンスに関するアドバイスの提供も行っています。ストーファー弁護士は、大陪審やSECの調査、ホワイトカラー父権訴訟等の民事刑事訴訟において、個人及び企業の双方を代理しています。

ストーファー弁護士は、マーティンデール・ハッベルにおいて、倫理規範及び法的能力についての最高評価であるAV Peer Reviewとして評価されています。当事務所のホワイトカラー刑事弁護及び調査プラクティスグループ、クラスアクション・プラクティスグループのメンバーです。また、内部調査に関する最新の動向や、当該分野の法曹実務家に役立つ情報についてジェナー&ブロックがオンラインで定期的に提供している「内部調査」オンライン・リソース・センターの編集者です。

ストーファー弁護士は、内部調査や証言における秘匿特権等のトピックについて、数多くの論分や出版物を執筆しています。また、プロボノ活動にも積極的で、2件の刑事事件において、不当な有罪判決の後に無罪の陪審評決を得ています。