Jenner & Block

リック・リッチモンド弁護士は、商事訴訟弁護士であり、ジェナー&ブロックロサンゼルスオフィスのマネージングパートナーです。クラスアクション、契約法、知的財産への詐欺行為、雇用、建設瑕疵、有害物質による不法行為等の商事訴訟において、訴訟代理人を務めています。第一審及び控訴審において豊富な経験を有し、州裁判所及び連邦裁判所、連邦及び州の行政手続、米国仲裁協会、その他の仲裁機関において、クライアントを代理しています。24件以上もの裁判(トライアル)及び約20件の控訴審において訴訟代理人を務めています。

リッチモンド弁護士は、J・ルーベン・クラーク協会(ロサンゼルス部会)において、アウトスタンディング・ロイヤー賞を受賞しました。また、「南カリフォルニア・スーパーロイヤー」のビジネス訴訟部門において、2005年から連続して名前を挙げられています。リッチモンド弁護士は、当事務所のマネージメント委員会の委員を務め、また、複雑商事訴訟プラクティス・グループ及びクラスアクションプラクティス・グループのメンバーです。以前は、米国司法省で控訴担当弁護士を務めていました。

リッチモンド弁護士は、刑事司法基金会長、J・ルーベン・クラーク協会(ロサンゼルス部会)会長、カリフォルニアクラブ書記官、米国ボーイスカウト・ロサンゼルス地区評議会理事を務めるなど、地域での活動も積極的に行っています。また、ジョージワシントン大学ロースクール諮問委員会及び連邦支持者協会諮問委員会の会員も務めています。

プラクティスグループ

Click