Jenner & Block

正田美和弁護士は、日本人であり、日本と米国の双方で弁護士資格を有する弁護士です(日本は休会中)。正田弁護士は、反トラスト、会社法、知的財産、訴訟を含む、日本企業が米国で直面する様々な法律問題を取り扱っています。日本及び米国の双方での弁護士としての豊富な実務経験と、日本のビジネス文化の十分な理解に基づき、米国での訴訟や取引/会社法案件で、日本企業を代理する豊富な経験を有しています。

正田弁護士は、2001年に日本の(旧)司法試験に合格(当時の合格率は2.5%)した後、2004年に、東京の大手渉外法律事務所のひとつである森・濱田松本法律事務所で弁護士としてのキャリアをスタートさせました。そこでは様々な国際案件を取り扱い、特に、国際訴訟、国際的反トラスト案件、商標や特許等の国際的知的財産案件を取り扱いました。

2009年にジェナー&ブロックに入所してからは、訴訟、知的財産、会社法、反トラスト、ホワイトカラー、M&A等を含む様々な案件において、日本企業にアドバイスを提供しています。正田弁護士は、当事務所が日本企業を代理しているほとんどの案件で、重要な役割を果たしています。

正田弁護士の日本及び米国の双方での弁護士としての豊富な実務経験、及び、日本のビジネス文化の十分な理解に基づくアドバイスは、法システムやビジネス文化が大きく異なる米国において法律問題に直面した様々な業種の日本企業から、非常に高く評価されています。

当事務所に入所する以前は、米国の大手国際法律事務所のロサンゼルスオフィスに勤務しており、著名な反トラスト案件や特許訴訟及び交渉案件等で、日本クライアントを代理していました。

正田弁護士は、日本(2004年取得)(休会中)、カリフォルニア州(2009年取得)、ニューヨーク州(2009年取得)で弁護士資格を有しています。生まれも育ちも日本であり、日本と米国の双方で法学教育を得ています(東京大学法学部卒業、東京大学法学部法学政治学研究科修士課程修了、シカゴ大学ロースクールLL.M.修了)。母国語は日本語であり、英語は極めて流暢です。