Jenner & Block

ホワード・S・サスキン弁護士

パートナー

ホワード・S・サスキン弁護士は、民事及び刑事証券案件において主任弁護人を務めた豊富な経験を有する弁護士です。証券詐欺及び虚偽表示に関するクラスアクション(集団訴訟)、忠実義務違反に関する株主代表訴訟、会社支配に対する異議、インサイダー取引調査、ブローカーディーラー紛争等において、企業及び個人を代理しています。また、サスキン弁護士は、証券管理及び自主規制団体の調査、手続、仲裁も取り扱っています。

サスキン弁護士は、リーディング・ロイヤーズ・ネットワーク誌のクラスアクション、裁判外紛争処理(ADR)、証券及びベンチャー金融訴訟の分野において、高い評価を受けてきました。商事訴訟の「米国におけるベスト・ロイヤーズ」の1人にも選ばれ、また、イリノイ・スーパー・ロイヤー誌では、「イリノイ州におけるスーパー・ロイヤー100人」に、2007年から5年連続で選ばれています。2010年には、当事務所初のアソシエイト委員会メントールシップ賞を受賞しました。当事務所のクラスアクション・プラクティスグループの共同代表であり、また、証券訴訟及び国際仲裁プラクティスグループのメンバーです。当事務所のサブプライム訴訟特別委員会及びマネージング委員会のメンバーでもあります。  

サスキン弁護士は、クラスアクションや証券法に関する問題について、頻繁に執筆したり講演を行ったりしています。また、ボードIQファイナンシャル・タイムズ出版諮問委員会、ロー360有価証券記事諮問委員会、法律実務家協会の委員を務めています。アメリカ法曹協会証券法委員会、その小委員会であるクラスアクション小委員会及び株主代表訴訟小委員会のメンバーでもあり、シカゴ法曹協会のマネージャー委員会及び司法評価委員会の委員も務めています。アメリカ仲裁協会の仲裁人や、FINRA、シカゴオプション取引所、米国先物協会等の証券自主規制団体の仲裁人も務めています。