Jenner & Block

ブレント・キャズリン弁護士は、米国及び環太平洋地域における商事紛争や知的財産紛争を取り扱っています。キャズリン弁護士は、民事及び刑事事件の双方において訴訟代理人を務めており、州裁判所及び連邦裁判所の双方、米国内外の仲裁裁判所においても、代理人を務めています。

キャズリン弁護士は、2009年にジェナー&ブロックのロサンゼルスオフィスを創設したパートナーの1人です。2人の弁護士で創設されたロサンゼルスオフィスには、現在50人以上が所属しており、主に米国内で最大規模の複雑な訴訟を取り扱っています。キャズリン弁護士は、会社や政府が関連する複雑商事訴訟や知的財産訴訟を中心に取り扱っています。

キャズリン弁護士は、南カリフォルニア・スーパーロイヤー誌のビジネス訴訟部門において、「ライジング・スター」「スーパーロイヤー」として繰り返し評価されています。また、マーティンデール・ハッベルにおいて、倫理規範及び法的能力についての最高評価であるAV Peer Reviewとして評価されており、様々な法雑誌において「営業秘密の分野における実績のあるパートナー」と評価されています。技術、軍事関連、経済、出版、不動産、エンターテイメント等様々な業界における営業秘密案件も取り扱っています。米国史上最大規模の営業秘密案件であるEpic Systems Corp. v. Tata Consultancy Services(ウィスコンシン州マディソン、9億4000万ドルの陪審評決を獲得)、及び、Move, Inc., National Association of Realtors, et al. v. Zillow, Inc., et al(ワシントン州シアトル、1億3000万ドルでの和解)において、重要な役割を果たしました。2017年には、Epic事件での業績が評価され、営業秘密部門におけるカリフォルニア州最高の弁護士賞(CLAY賞)を受賞しました。

キャズリン弁護士は、米国で訴訟の経験を積んだ弁護士ですが、アジア、ヨーロッパ、米国で暮らし働くという、豊富な国際経験を有しています。キャズリン弁護士は、国際的なクロスボーダー紛争や調査案件を数多く取り扱っています。2003年には、日本の東京にある森・濱田松本法律事務所に一年間在籍し、国際案件に従事しました。カリフォルニア州弁護士会国際法セクションでも積極的に活動しており、2011年から2012年まで、会長を務めました。

キャズリン弁護士は、法実務に加えて、カリフォルニア州マリブ市にあるペッパーダイン大学ロースクールの非常勤講師を2004年から2012年まで務め、また、1988年から1990年まで米軍にも従事した経験があります。

キャズリン弁護士は、ワシントン州及びカリフォルニア州における全ての連邦裁判所・州裁判所において弁護士を務める資格を有しています。