News
March 29, 2013

ジェナー&ブロックは、この度、環太平洋地域のクライアントにより良いリーガルサービスを提供するため、日本語版ウェブサイトを公開致します。当事務所は、30年以上に渡り、複雑なクロスボーダー法手続や米国における取引において、日本の企業、個人、法律事務所を代理してきました。今後も引き続き日本のクライアントや法律事務所にリーガルサービスを提供してまいります。

当事務所の弁護士は、東京、大阪、名古屋、その他の日本国内の地域のクライアントを代理する豊富な経験を有しています。また、当事務所の訴訟案件グループ、取引案件グループのいずれにも、日本で生活し勤務した経験を有するパートナー弁護士が所属しています。さらに、当事務所には、日本と米国の双方で弁護士資格及び実務経験を有する日本人弁護士が所属しています。これらの弁護士の経験により、国際案件において、日本の弁護士と密接に協力して、リーガルサービスを提供しています。

ジェナー&ブロックでは、全オフィス(シカゴ、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンD.C.)で日本案件を取り扱っており、電子機器、製薬、生命科学、ファイナンス、製造業、エンターテイメント、インターネット、自動車、IT等、様々な業界の日本企業を代理しています。

案件に関する日本プラクティスチームのパートナー弁護士へのご質問も承っておりますので、ご質問等ございましたらご遠慮なくご連絡下さい。

当事務所の日本プラクティスの詳細につきましては、こちらをご参照下さい。

To learn more about our Japan practice, click here.